コラム

女性の健康・キレイを実現する新・スーパーフード「食べる米ぬか」はどんな効果がある?

いくつになっても健康でいたい…!綺麗でいたい!ところですが、年齢を重ねるにつれ健康でいるために色々気をつけないといけないことはたくさんありますよね。健康的な食事をとりたいと思っていても毎日の料理にそこまで手間をかけられないという方も多いのではないでしょうか。
食事ではなくサプリメントで栄養補給するのもお金がかかりますし、薬に頼るのはできるだけ避けたい。

そこでおすすめなのが、私たちが販売する「食べる米ぬか」です。

食べる米ぬか商品画像

たった1日たった5gの「食べる米ぬか」を使うだけで簡単に必要な栄養素が摂れるようになります!
ストレス・負担なく、健康・美容にいい食生活が可能になる米ぬか、気になりませんか?
コロナ禍で日々の暮らしが脅かされている今、栄養素をバランスよくとって免疫力を上げ病気に負けない体づくりをしていきましょう。

そもそも米ぬかとは?
米ぬか解説画像

そもそも米ぬかとは、玄米を精米する際にでる米の種皮や胚のことを言います。
よくぬか床などに使われていますが、米ぬか単体で食べられることはあまりありませんでした。

米ぬかの隠された効果

今まであまり食べられてこなかった米ぬかですが、実はこんなにも多くの栄養素があるんです!
食べる米ぬかの成分詳細

上記以外にも、葉酸、ミネラル、植物ステロール、γーオリザノール、トコトリエノールなど普段の食事からなかなか摂取しづらい栄養素を多く含みます。
このように様々な栄養素が便通改善や肌荒れ改善、血糖値の上昇を抑える効果を発揮します。
他にも米ぬかには”LPS”という免疫ビタミンがあるので、免疫力向上の効果も期待されています。
まさにこれ一つで栄養管理も免疫力アップも期待できるスーパーフードです!

しかもこの「食べる米ぬか」は、米ぬか100%なので他に添加物や余計なものは入れていません。
なので、小さいお子様からお年寄りの方まで幅広い年代の方にご利用いただいています!

食べる米ぬかが流行ってる?

ここ2~3年では、米ぬかだけで数多くの栄養素が取れると話題になり注目されています。
2017年の6月には「ヒルナンデス!」でも食べる米ぬかが取り上げられ、医学博士もおすすめするほど…!
「食べる米ぬか」以外にも「飲める米ぬか」や、「米ぬかパック」など様々な米ぬか商品が売られて注目を集めています。

米ぬかが食べられるようになった理由

こんなにも栄養豊富な米ぬかがなぜ、今まで食べられてこなかったのか気になりますよね…。
米ぬかには米油という栄養豊富な成分が含まれています。
ですが油成分であるため酸敗しやすく、味の劣化につながることや、米ぬかが栄養豊富であるがゆえに虫が湧きやすかったり、雑菌の心配があり今まであまり食べられていませんでした…
ですが、この「食べる米ぬか」は独自の特殊製法で米ぬかを処理することで、米油を残しつつも虫や雑菌が湧く原因を排除することに成功しています。常温で1年間保管できるので取り扱いも簡単です。

他にも同じような食べる米ぬかの商品がありますが、米油を残しつつ食べられるように処理をし、賞味期限が1年以上ある米ぬかはKOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」だけです!

▶︎「食べる米ぬか」を見てみる

食べる米ぬかの効果は?実際の感想を紹介

実際に自分も使うとなると他の人の感想は気になるところ。そこで実際に2週間毎日続けた方の感想をいくつか紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

高木さん 34歳女性

ヨーグルトや牛乳に入れるとほんのり甘みがあり、味もまろやかになったので美味しくいただけました!味噌汁やほかの料理に入れた際は、ほとんど米ぬかの味はなかったので毎日食事に入れやすかったです!

ちょうど便秘気味で悩んでいたのですが、食べる米ぬかを食事に摂り入れるようになってから徐々に改善していきました!簡単に摂り入れることができるので、今後も続けていきたいです。

海沼さん 36歳男性

毎朝、牛乳や豆乳に入れて飲みました。
すぐ溶けるので時間のない朝でも手軽に摂り入れることができました。
味も米ぬか独特の匂いも少なく、食べやすかったです!
飲み始めて2、3日でおならの匂いがなくなりました!
毎日朝に取り入れてたからか、排便のタイミングも同じ時間に来るようになりました。

チュさん 34歳女性

甘みがあって美味しかったです!日本に来日してまだ数年で、米ぬかという食材を知らず不安があったのですがとても美味しく毎日たべることができました。

主に朝のスムージ―に入れて飲んでいました。スムージ―は毎日の習慣で飲んでいるので忘れずに入れて飲むことができました。甘味もプラスされて美味しかったです!
子供にはヨーグルトに混ぜて食べさせていましたが、美味しいと評判でした。

子育てで自分の食事が疎かになってしまう方におススメです。1日大さじ1杯を食事に入れて食べる・飲むだけなので時間をかけずに身体のメンテナンスをすることができます。子供の食事の栄養バランスを気にされている方にもとてもいいと思います!

黒岩さん 38歳男性

米ぬかというとやはりぬか漬けのイメージがあり正直あまり美味しそうな印象はなかったのですが、全くぬか臭さはなくほんのり甘味と香ばしさがあってまさにきな粉味でした。
飲み物に混ぜるとざらつきを多少感じましたが、食事に混ぜると全く食感は気になりませんでした。
仕事がら夜遅くまで仕事をしていることが多く、食事もゆっくりととれない日が多く疲れがたまりやすいのですが、「食べる米ぬか」を食べていた期間は、便通もよく、身体から老廃物がよく出ているという実感がありました。

日々の食事のバランスが偏りがちな方にはおススメします!
毎日忙しいとついつい食事の時間を疎かにしがちですが、積み重ねると体調を崩していってしまうと思うので食事は大事。でもそんなに時間は取れない…。そんな方でも「食べる米ぬか」は何にでもふりかけて使えて、食事の栄養価をあげてくれるので本当に重宝します

斎藤さん 38歳女性

本当にきなこのような香ばしい風味で、そのままでも食べられます。
朝はヨーグルトに入れて、夜は普段のおかずの様々な料理に混ぜていました。ポテトサラダや麻婆豆腐は相性が良く、美味しく量も摂れました。

朝に多めに摂取していたこともあり、一週間ほど経つと腸が活発になってきたのを感じました。普段は便通にムラがあり、朝に出ることはほぼないのですが、飲んでいる間は朝の便通があり、1日のリズムが整えられました。
便秘やおなかをくだしやすい等、腸にトラブルがある方にはとても良いと思います。

紹介した感想にも多くあるように、特に便通効果はとても高いのが特徴です。

お年寄りにも効果絶大!介護医療施設の実証実験結果

他にも介護の現場と連携し排便に問題を抱える、経口摂取が可能な患者さん44人に毎日「食べる米ぬか」を摂取してもらい排便状況をモニタリングする実証実験を行いました。

患者さんの平均年齢86歳で、今まで自力で排泄するのが困難な方に「食べる米ぬか」を毎日2週間続けて摂取してもらい食べる前とあとでの変化を調査しました。
2週間モニタリングしてみた結果、食べる米ぬかを始める前は、摘便とグリセリン浣腸をして排泄していた患者が自力で排泄できるようになりました!

特にグリセリン浣腸が必要だった患者の26人のうち7人は必要なくなり、残りの19人も使用回数が半分になる大きな結果が出ました。また、排便のため投薬していた薬を使わなくて良くなった患者も出るといった成果が出ています。

介護スタッフからは、薬の減量以外にも自力で排泄できるようになった患者の便量が増えた上に、便が溜まらなくなったので便臭の改善にも繋がっているという報告がありました。また薬ではなく食材を活用することで患者さんも安心していただける上、スタッフも抵抗なく勧めることができるので良いという声が届いています。

実際病院でも効果が検証されているので安心して利用できます。
便通効果は大体2週間ほどで実感できるので便通に悩む方には特におすすめです!

実は血糖値の上昇を抑える効果もある!!

20201月頃、IMSグループ医療法人社団明芳会「新戸塚病院」にて入院患者へ食べる米ぬかの効果検証を行いました。
検証の内容は、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などで複数の薬を服薬している患者さん6名(男性5/女性1名)に毎食(15g)14日間「食べる米ぬか」を摂取してもらうというもの。

患者さんの多くは血糖値の上昇を抑えるため、薬を複数服薬していましたがコントロールするのが難しいという問題を抱えていました。

ですが、「食べる米ぬか」を14日間続けてもらった結果、血糖値の上昇が改善しました。

例えば患者さんAさんの場合、食べる米ぬか活用し始めたところ全体的な血糖値の値が低くなったことがわかります。

食べる米ぬかを活用した検証結果
(出典:ヘルスケア2020年5月号)

他の患者さんにも同様に、一部の時間帯での改善や全体的な血糖値の値が低くなるなどの効果が確認できました。

なぜ薬を服薬していても改善できなかった血糖値を抑えることができたのか?と疑問に思う方もいらしゃるかと思います。

この効果検証を行なってくださった「新戸塚病院」の副院長の中尾健太郎先生によると、食べる米ぬかに含まれる豊富な食物繊維のおかげで糖の吸収を緩やかにしたのではないかと推察されています。

また食べる米ぬかにはビタミンB1も多く含まれ、今回の検証でも患者さんの多くで、ビタミンB1の上昇が確認できました。ビタミンB1は糖をエネルギーに変える働きもありますし、アルツハイマー型認知症にも有効である結果が出ています。

今回の検証結果で分かったことは、薬のみに頼るのでなく、食生活の面から健康にアプローチすることも重要ということです。
特に食が細くなり食事から栄養をしっかりと摂取できないお年寄りの方や高血圧などに悩む方にも「食べる米ぬか」が非常におすすめなのです。

食べる米ぬかの効果を最大限に生かすおすすめレシピ

米ぬかにたくさんの栄養があっても、食事に取り入れると心配なのは味。
食事に取り入れるとなると、食べる米ぬか自体の味で料理がおいしくなくなったりしないか気になるところ…。
でも心配は無用です。
「食べる米ぬか」の味は、ほんのりきな粉のような味がするだけで特に強い主張はありません。味の主張がなく1日に5g (大さじ1杯)でいいので手軽に毎日の食事に取り入れていただきます。

米ぬかライフのHPでは、「食べる米ぬか」を使ったレシピを公開しています。ここではおすすめのレシピをいくつかご紹介します!

①とんぺい焼き

▶くわしいレシピをみる

②ポテトサラダ

▶くわしいレシピをみる

③米ぬかブラウニー

▶くわしいレシピをみる

他にも「食べる米ぬか」を使ったレシピ公開中!

▶︎レシピを見る

食べる米ぬかの商品紹介

米ぬかライフの「食べる米ぬか」は他の類似商品と違い、独自の特許製法で米油を含んだ限りなく生の米ぬかに近い栄養素を維持した商品です。
米油に含まれる抗酸化成分で、アンチエイジング効果が期待できるほか、免疫力アップ効果があるとされるLPSも多く含んでおり、手軽にバランスよく栄養を摂取したり、免疫力を上げたい方にはとてもおすすめです。

少しでも健康に気を遣いたいと悩んでいる方は手軽に栄養が取れる「食べる米ぬか」から始めてみてはいかがですか?

▶︎「食べる米ぬか」を購入する

お知らせ一覧へ