お知らせ

便秘の原因と解消法を解説!2週間で改善する方法がある!?

1. 便秘の苦しみって?どんな症状があると便秘?

・何日も排便がない
・お腹が張って苦しい
・便が硬かったりコロコロとした便が出る
・下剤を内服しないと排便できない

これらの症状が出ている人は便秘の可能性が非常に高いです。

便秘を放っておくと腸内環境が悪化し、アンモニアなど臭いのきついガスが多く発生しておならが臭くなる、ガスが多くたまる分おならの回数が多くなる、お腹が張って苦しくなる、などの症状が出ます。

便が腸を長時間塞いでしまうと腸閉塞を引き起こす可能性もありますし、無理やり排便しようといきみ過ぎると血圧が上昇し最悪、脳出血を起こす可能性も…。

2. そもそも便秘の定義とは

さまざまな症状がでる便秘ですが、そもそも一体どうなっていたら便秘というのかと言うと、日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便されていても残便感がある状態」としています。
3日以上排便がない以外にも、1日1回排便できている場合でも極端に量が少ない、残便感がある、なかなか排泄できないなどの場合は便秘といっていいでしょう。

男女比は圧倒的に女性の方が多いです。しかし近年の超高齢化によって、男性でも慢性便秘症になる人が増え、高齢者の慢性便秘症の割合は非常に高くなっています。

 

3. 便秘の原因って何があるの?

便秘の原因は、生活習慣や食習慣に大きく左右されますが、大きく分けると1つは機能性便秘、2つ目は器質性便秘の2種類があります。

機能性便秘とは?

機能性便秘の主な原因は、胃や小腸、大腸の機能が低下することで起こります。
機能性便秘にも、

・弛緩性便秘
・痙攣性便秘
・直腸性便秘

と3つの種類があるのでそれぞれ解説していきましょう。

弛緩性便秘(女性に多い)

大腸の運動不足が原因で起こる便秘です。
便を出すための、ぜん動運動が十分に行われないため便が排出されず、溜まっているうちに弁の水分がなくなり硬くなってしまいます。
便秘の中でもよくあるパターンの便秘ですね。

痙攣性便秘(ストレスに弱い人に多い)

副交感神経が過度に興奮することで腸管が緊張しすぎてしまい上手く便が排出されない便秘です。
特徴として、うさぎの便のようなコロコロとした便が出ます。

直腸性便秘(高齢者に多い)

便が直腸に届いても排便のサインが出ず、直腸に便が停滞しまう状態です。
排便を我慢するや高齢者、寝たきりの人が多い便秘ですね。

器質性便秘とは?

大腸ガンなどの病気や炎症や閉塞など腸自体に問題が発生している場合、腸管が狭くなるなどの場合に起こる便秘です。

 

4. 便秘が続くと体にどんな影響がある? 

便秘が続いてしまうと、腸の中に老廃物がたまるので体調不良に繋がることや排便時にいきむことで痔になりやすくなるリスク、最悪の場合は腸内環境の悪化から大腸ガンなどのリスクまで考えられます。

5. 便秘の解消5つの方法

なかなか改善されない便秘…。便秘の解消法には5つの方法があります。

①運動
②マッサージ
③食事
④薬
⑤生活習慣の改善と心がけ

便秘に悩まされている方はまずこれらの方法を試してみましょう!

①運動で解消する3つの方法

まず1つ目は運動で便秘を解消する方法です。
運動不足は腸の活動を鈍くします。腸に効く適度な運動を取り入れてみましょう。

おへそのぞき

Step①仰向けに横になります。
Step②膝を立てて手をお腹に置く。
Step③頭をあげておへそを見る。

コの字運動

Step①仰向けに横になります。
Step②手と足をまっすぐ上に向けます。
Step③手足をあげたまま、ゆっくり深呼吸を3回します。
Step④深呼吸をしたら、手足を軽く振ります。
Step⑤両手足をおろす反動で起き上がります。

ウエストひねり

Step①まずは仰向けに横になります。
Step②手は上にあげ、足は両膝を揃えた状態で左右どちらかに倒します。
Step③倒したままゆっくり3回ほど呼吸をします。
Step④呼吸をしたら、今度は反対側に足を倒し同じく3回ほどゆっくり呼吸をします。
Step⑤この左右に足を倒す動作を3セット繰り返します。

 

②マッサージで解消する方法

2つ目は腸をマッサージして解消する方法です。
お腹をマッサージすることで腸の活動を促し便秘解消に繋げます。
運動より手軽にできるので時間がない人や運動が苦手な人でも簡単にできます!

「の」の字マッサージ

おへその下あたりから「の」の字を書くように、優しく手のひらでお腹をさすります。
力加減はお腹が1〜2cm程度沈むくらいであまり強くする必要はないです。
この動作を10〜20回ほど繰り返します。

 

③食事で解決

3つ目は食事で解決する方法です。
便秘の原因であるぜん動運動の改善や消化器官の機能を食事の面から改善してきます。
便秘の際に取るとおすすめな要素や食べ物を紹介するので参考にしてみてくださいね!

食物繊維

食物繊維をしっかりとると、腸のぜん動運動を活発にするので便の排出につながります。

<食物繊維を多く含む食品>
穀物、イモ類、豆類、ひじき、海藻、果物、タケノコ、ごぼう、きのこ類、

消化に良いもの

すでに便秘を患っている場合は食物繊維を摂るよりも消化に良いものを摂る方がいい場合があります。食物繊維を摂っていても便秘が治らない、お腹が張って苦しい場合などは消化に良いものを摂るのもおすすめです。

発酵食品

納豆、味噌、チーズ、キムチ、漬物などの発酵食品。特に納豆とキムチの組み合わせがおすすめ。納豆菌と乳酸菌を一緒に撮ることで納豆菌が乳酸菌の増殖を助けてくれるという研究結果が出ています。

乳酸菌、ビフィズス菌を含む食材

乳酸菌やビフィズス菌を含むヨーグルトがおすすめ。ビフィズス菌などの善玉菌の餌になるオリゴ糖は腸内環境を整えます。

④薬

どうしても便が出ない場合の最終手段。
便秘薬は常用してしまうと逆に腸の動きが鈍くなったりなど悪影響が出ます。ですのでできるだけ薬は使わず食生活や運動、ストレッチなどで便秘の解消を目指しましょう!
便秘薬を使いたい場合は漢方や生薬を使用した便秘薬や腸への刺激が強すぎない酸化マグネシウムなどにするようにするのがおすすめです。
酸化マグネシウムは妊婦さんや小さいお子様、高齢者でも使用できる便秘に効く薬です。

⑤生活習慣の改善や心がけ

我慢しない

便意を我慢してしまうと、我慢する癖や、便が直腸に届いても信号を発信しなくなってしまい便秘になります。

水分を多くとる

1日にコップ78杯の水分を目安に。特に朝起きた時にコップ1杯の水や牛乳など水分を取ると腸が刺激され排便につながります。また寝る前に1杯飲むのも良いと言われています。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まってしまうと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて腸の活動にも影響を及ぼします。

規則正しい生活をする

しっかり睡眠をとり毎食しっかり食べ、排便の習慣をつけましょう。便意がなくても毎日決まった時に排便の習慣をつけると規則的な排便ができるようになり便秘の改善につながります。

 

6. 米ぬかが便秘に効く? 

食事で便秘の改善をするのに、今「米ぬか」が注目されているのはご存知でしょうか?玄米を精米する際にでる米ぬか。
米ぬか自体はとても栄養が豊富なのに、今まではそのまま廃棄されたり、ぬか漬けにするなどでしか使われてきませんでした。

ですが最近では、栄養豊富な米ぬかを食品として見直そうという動きが広まっており、食べたり、飲んだりできる米ぬかが登場してきています。

便秘解消に必要な成分が豊富に含まれる米ぬか 

米ぬかには町内環境を整える食物繊維や、ビタミンB群、ミネラルはもちろん。

亜鉛、葉酸、γーオリザノール、トコトリエノールなど普段取るのが難しい栄養素などもバランスよく含有されてます。

また、米ぬかには米油という抗酸化成分を含む油があり、アンチエイジング効果が期待できるほか免疫力アップ効果があるとされているLPSも多く含んでいます。

多くの栄養素がバランスよく含まれているので日本のスーパーフードと言っても過言ではありません!
①食物繊維 ②マグネシウム ③米油  このトリプル栄養素が便秘解消に効果的と考えられています。

7. 便秘に効果を感じた方の声

実際に「食べる米ぬか」を利用して便秘に効果を感じた方の声をいくつか紹介していきたいと思います。

【東京都品川区在住の方】
私自身が便秘解消の効果を感じたので、慢性便秘で悩んでいた母にも「食べる米ぬか」を勧めてみました。
そうしたら1週間後に連絡があり、良い効果があったからもっと送ってほしいと頼まれて、今では毎日手放せなくなってしまったようです。
腸内環境もよくなるからなのか、臭いも気にならなくなったのが嬉しいです!
親子でこれからも続けていきたいと思っています!
すぐに効果が出るので嬉しくなります!悪いものが一気に出る感じがしますよ。

 

【高木さん/34歳女性】
もともと便秘気味でお腹の張りに苦しんでいましたが、食べる米ぬかを頂いてから徐々に解消されていきました。

 

【海沼さん/36歳男性】
飲み始めて2、3日でおならの臭いがしなくなりました。毎朝一番に米ぬか豆乳を飲んだからかもしれませんが、排便も毎日同じ時間に来るようになりました。

 

【チュさん/34歳女性】
「食べる米ぬか」を食べ始めて2日くらいですぐに便通が改善されたことは実感しました。
またうちの子は3歳で便秘する日もありましたが「食べる米ぬか」を食べている期間は快便で便州も軽減されました!

 

【斎藤さん/38歳女性】
今までは便通にムラがあり、朝出ることはほぼないのですが、飲んでいる間は便通があり1日のリズムが整えられました。
他にもKOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」は、介護現場と連携し排便に問題を抱える患者さんに食べる米ぬかを摂取してもらい排便状況をモニタリングする実証実験を行い、便通が改善される効果が出ています!

 

8. 食べる米ぬかを紹介 

KOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」は他社の製品と異なる特殊な製法で作られている原材料米ぬか100%の商品です。

他社の食用米ぬかは、加工処理をする際に、栄養豊富な米油を取り除いてしまっているケースが多いのですが、KOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」は特殊な製法で米油をそのまま残しています。添加物を一切使用していないので、小さいお子様から高齢なお年寄りまでどの年代の方にも安心してお召し上がりいただけます。

食べ方もとても手軽で毎日の料理に5gかけたり混ぜたりするだけ!
味はほんのりきな粉風味で優しい甘みが楽しめます。

9. KOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」

KOMENUKA LIFEの「食べる米ぬか」は他社の類似商品と違い、特許製法で米油を含んでいる限りなく生の米ぬかに近いものです。便秘だけでなく、米油に含まれるLPSには免疫力アップの効果も期待できます。
便秘を改善しつつ免疫力アップで健康にも良い「食べる米ぬか」を一度試してみてはいかがでしょうか?

▶︎「食べる米ぬか」を見てみる

お知らせ一覧へ